デジモノステーションの記事は読んでみた~( ・ω・)?

公式サイトに載っている情報誌デジモノステーションの記事
『DDON×心理学 ONLINE GAMEに癒しを求めて……』
心理学の観点からDDONを考察していて結構面白かったの~[E:flair]

Photo_11

特に第1回のアバター作成がもたらす癒し効果についてが興味深かったかなぁ[E:catface]

自分に似せたアバターを作るのは
「双子自己対象」で自分に似た双子的存在を通じて自己確認をしたいという欲求の表われ

変わったアバターを作るのは「ペルソナ」
その環境に適した社会的な人格を表わし
「こんなペルソナとして私を見てください」と、自分を装っている状態

完全なる別人をアバターにする方
自分がコンプレックスを抱く相手をコントロールすることで喜びを感じ
「生まれ変わったらこうなりたい」という願望も含まれている

っていうようなことが綴ってあったんだけど[E:pencil]
最初に思ったのは、この心理学の先生は
こういうゲームに女性キャラ使いの男性が多いことを理解しているのかな?だった(・∀・)

確かにネカマさん達は自分が思い描く理想の女性像[E:virgo]を演じている場合
上記のコントロールや生まれ変わり願望というのに当てはまっているのかもしれないけど
それだけじゃないよね~?

とはいうものの、自分に当てはめてみると
自分に少し似せつつ、理想のキャラを作っているから
この分析は当たらずといえども遠からずってところなのかな~?
などと楽しく読んじゃいました[E:happy01]

もしもまだご覧になっていない方がいれば
公式サイトからどうぞ~(♥´∀`)/

0